読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶろぐ

たきもと( ・`д・´)✨

♪戸惑い傷つきー

だゃー!

 

タイトルかつキャッチーなので

「Let it go」が「ありのままの」と訳されたことに

いやそうでなく…!みたいな話はよく聞くのだけど

個人的には「♪戸惑い傷つき」とか「♪何も怖くない」のがふゃー!となるなり。

 

 

Don't let them in.

Don't let them see.

Be the good girl!

You alway have to be!

Conceal, Don't feel.

Don't let them know.

Well, now they know.

」やん。

 

最後の一行以外は彼女が

「ずっと(親に)こう言われてきた」ことで、直訳だと

 

「誰も入れてはならない。誰にも見られてはならない。

良い娘でいなさい!常にそうでなければならない!

隠しなさい、感じちゃいけない、知られてはならない。

…もう、いま知られたわ」 みたいな感じ。

 

それが日本語版だと

「戸惑い、傷つき、

誰にも打ち明けずに、

悩んでた

それももう

やめよう」 やん。

 

主語が違うやん!

親に厳しく言われて抑圧され続けてきたっちゅーより、

自分で勝手に悩みたくて悩んでたみたいになっとるやん!

ということで、だゃーともやもやするのであった。

 

あとサビの中の

「♪ I don't care!

What they're going to say! 」も。

 

「私はもう気にしない!

誰に何と言われたって!」

って、歌詞に反してめっちゃ周りを気にして

自分の意思に反して雪山に追いやられてることが伝わるところだったけど、それが

 

「♪何も怖くない」 やもん。

伝わらなーいー(T^T)

 

かといってあのメロディに純粋な訳を乗せることなんて不可能なわけで、

情報を詰め込むことが出来ない日本語詞の限界を感じたッス。

 

松たか子さんの歌声は素晴らしいのだけど、

歌詞としては…かなりかけ離れてるので

「日本語訳」と言っちゃいけないのではー

「日本版」では、と思うのでありました。

広告を非表示にする