たぶろぐ

たきもと( ・`д・´)✨

100歳の玄孫(やしゃご)

 

f:id:RyotaTakimoto:20141009185338p:plain

 

1834年に「私」が生まれます。
1854年に子が生まれます。
1874年に孫が生まれます。
1894年にひ孫が生まれて、
1914年に玄孫(やしゃご)が生まれます。

 

「私」は、天保5年に生まれて、そのときは大飢饉の真っ最中でした。
19歳のときに黒船が来襲し、
34歳のときに江戸時代が終わり、
60歳のときに日清戦争が始まりました。
62歳のときに三陸地震が起き、大津波がありました。
70歳のときに日露戦争があり、
78歳の夏に明治時代が終わりました。
80歳のときに第一次世界大戦が始まりました。

その年、玄孫が生まれました。大正3年でした。
「私」は89歳まで生きたので、私が生きた時代を彼女によく伝えていました。

彼女が0歳のときに第一次世界大戦が始まりました。
9歳のときに関東大震災がありました。「私」はここで死にました。
12歳の年の瀬に大正が終わり、昭和が始まりました。
15歳のときに世界恐慌が始まりました。
17歳のとき満州事変が起き、23歳のときに日中戦争始まりました。
27歳のときに太平洋戦争が始まり、
31歳のときに終戦しました。
50歳のときに東京でオリンピックが開催されました。
71歳のときに日航ジャンボ機が墜落しました。
74歳を迎えてすぐに昭和が終わり、平成が始まりました
81歳のときに阪神淡路大震災が起き、2ヵ月後には東京の地下鉄で猛毒ガスが撒かれるテロ事件が起きました。
97歳のときには東北地方で大震災が起き、彼女が生まれる18年前─「私」が62歳のとき─以来の大津波が起きました。

いま彼女は100歳を迎えて、入所している施設で、
滝本という人とお喋りしています。

彼女が71歳のときに生まれたそうです。
彼女が生きた時代を伝えています。



近年、こういう「人と歴史と自分をつなげる」作業が好きなのでした。

 

 

ブログに先立ち投稿したFacebookはコチラ(*゜ω゜)ノ ⁀ 

広告を非表示にする