たぶろぐ

たきもと( ・`д・´)✨

慈善事業に貴賤あり

「職業に貴賤なし」って言葉は、

「どんな仕事も、お金を払ってくれる人がいて成り立ってるので等しく存在価値がある」って意味だと解釈しとる。

 

この解釈だと、お金をもらわない仕事(慈善事業)は「職業」に含まれないなーと思った。

 

「私たちがやりたくてやってるんです!」

「のでお金は頂かないんです!」を免罪符にして、

望まれてもいないことをオラオラやって勝手に満足して

「いいことした!」って言ってるような活動、いっぱいあるよね。

 

けんちょとか言われるアレ。

嫌儲 - Wikipedia

 

お金もらうっていうのは、その活動が本当に望まれてるか望まれてないのかを知る一番簡単な方法でもあるわけで。

「だから慈善事業はダメ」って話ではなく、「対価をもらわない活動は嫌われてても気付きにくい・評価されてると勘違いしやすい」ってことを心掛けとく必要があると思うのでした。

 

NPO設立しましたけんど、「慈善事業?」ってめっちゃ言われる。
NPO=慈善事業/お金もらわない/ボランティア」じゃないから!

ごっつ頂きますからー!

私は無償なんて言い出したらすぐ相手が見えなくなって迷走してまう!

 

(余談)極小劇場での芝居とかも、酷いのがいっぱい。学生ノリの延長で、「自分達でお金出し合ってるから(観る人にはつまらないかもしれないけど)いいんだ!」みたいな。来客から三千円奪って、時間も奪って、むしろ逆に苦痛を与えるといふ。